入院記録③〜初めての尿道カテーテル〜

日記

 採血とか色々やってもらっていると、看護師さんが尿瓶(しびん)をスタンバイしてくれていた。尿意はあるからちゃっちゃと済ませよかと思っていたらまさかの事態に発展した。なんとおしっこが出ないのだ。はじめは緊張しているせいだと思ったけどいつまで経っても出ない。次第に膀胱がパンパンになって、看護師さんが医者に「やっぱ出ないですかね」的な事を言ってるのが聞こえた。その後、看護師さんが私に説明してくれた。「おしっこ出す機能が麻痺しちゃってるみたいだから管いれるねっ」。

 前にわけわかんない管あったって言ったじゃん?その為の管だったのかって思った。後から知ったんだけど『尿道カテーテル』って言うらしい。(正式名称はわかんない)写真載せときます。(contest.techbriefs.com)。多分男だったら金玉縮こまると思うw

 これ入んの?って思った。太さはパッと見でスマホの充電器のコードぐらいあった気がする。で、「入れますよっ」と言われてからめちゃビビってたけど案外すぐに終わった。めちゃ痛かったことは覚えてるけど、そのままおしっこが出て嘔吐して気失ってたw

その後は手術になるんだけどまた後日。

☆ちなみに尿道カテーテルは手術の時に麻酔かかってやる事もあるそうです。おしっこが出せないとかあると麻酔なしでやる事になるんですけど、実際一瞬なんでそんなに痛くないです!あと、男性は痛い人が多いんらしいですけど、女性はあまり痛くないとか言う話もあります。

コメント