[お店の味]スキレットで作るチーズinハンバーグ

ブログ

片手で出来る!絶品ハンバーグ

さあさあ!!第一回まつをクッキングの時間がやってまいりました。

今回はスキレットを使った片手でもできる絶品ハンバーグを紹介いたします。

スキレットがなかったらフライパンでも問題ないですが、スキレットで作るハンバーグは感動的うまさです。

しかも、美味しい以外にもスキレットには複数のメリットがあります。

1:熱々のまま食べられるし、お皿に移す必要がない。(麻痺の方、骨折してる方におすすめ)

2:フライパンよりもジューシーに作れる。

3:家にいながらキャンプ気分が味わえる。

4:鉄なので使えば使うほど味が出る。(長く使える)

5:インスタ映えする(これが一番大事)

まあ他にもいろいろありますが、スキレット最高ということがわかります。

話が外れてしまいましたがそれではハンバーグを作ってみよ〜!

食材

・ひき肉(牛豚の比率は好みで) 『400g』

・玉ねぎ 『半分』

・塩 『適当(ひとつまみぐらい)』

・ブラックペッパー 『塩と同等の量』

・ナツメグ(入れるか入れないかは好みで) 『本当に少々』(肉の臭い消し。入れすぎるとまずい)

・クミン『本当に少し』

・ニンニクチューブ 『小さじ1ぐらい』

・パン粉 『大さじ4ぐらい?材料入れてパシャってなってたら足す』

・卵 『2個』

・チーズ 『好みの量』

・油(基本何でもいいが個人的にオリーブオイル推し)

 

あると便利な物

・スキレット(取手の取れるやつで、フタにも取手つける所あるのがおすすめ)

・ガスバーナー(安全性高くて、着脱が楽で、使いやすいのがおすすめ)

・フードプロセッサー

私も使ってるおすすめ調理器具のリンク貼っておきます。

   

手順

①玉ねぎをみじん切りかフードプロセッサーで細かくしたら、電子レンジで2、3分温めます。

②ひき肉、玉ねぎ、塩胡椒、ナツメグ(好み)、クミン(好み)、ニンニク、パン粉、卵を粘りが出るまで混ぜる。粘らなかったらパン粉追加投入。

③スキレットに油を満遍なくしきます。

④スキレットに3分の1ほど肉を入れ,チーズを入れます。

⑤チーズを入れたら肉でチーズの蓋をします。蓋したらフライ返しなどで肉をパンパンして空気を抜きます。

⑥蓋をして焼きます。最初は中火で。

⑦様子を見て、上もちょっと火が通っているようなら、フライ返しでひっくり返す。

しかし!「ひっくり返すの無理だよ!」という人はグリルかオーブントースターの中にINすることで火が満遍なく通ります。

⑧最後はチーズを乗っけてガスバーナーで炙るか、グリルかオーブントースターで焼けば出来上がりです!

作り方(写真付きポイント)

①玉ねぎをみじん切りかフードプロセッサーで細かくしたら、電子レンジで2、3分温めます。


②ひき肉、玉ねぎ、塩胡椒、ナツメグ(好み)、クミン(好み)、ニンニク、パン粉、卵を粘りが出るまで混ぜる。粘らなかったらパン粉追加投入。

ここでハンバーグの種は完成です!


③スキレットに油を満遍なくしきます。


④スキレットに3分の1ほど肉を入れ,チーズを入れます。

 

 


⑤チーズを入れたら肉でチーズの蓋をします。蓋したらフライ返しなどで肉をパンパンして空気を抜きます

 

 


⑥蓋をして焼きます。最初は中火で。

 


⑦様子を見て、上もちょっと火が通っているようなら、フライ返しでひっくり返す。

しかし!「ひっくり返すの無理だよ!」という人はグリルかオーブントースターの中にINすることで火が満遍なく通ります。

すると〜!

いい感じになりました。


⑧最後はチーズを乗っけてガスバーナーで炙るか、グリルかオーブントースターで焼けば出来上がりです!

 

まとめ

簡単で、スキレットを使っただけでお店の味が再現できます。

チーズが苦手な方は入れなくても美味しく仕上がるんで是非試してみてください。

スキレットを活かした料理は他にもあるので近いうち紹介します。

気になること、アドバイスなどどんどん質問してください〜!

最後に食事はバランスよく取りましょう!!

 

 

コメント